もぐみる。

ドッグフードの評価が見られる

ドッグフードの保存方法

意外と悩ましいのがドッグフードの保存方法。基本的にはそれぞれのフードメーカーの指示に従ってほしいのですが、詳しく書いていないこともしばしば…。

ドッグフードはフードのタイプに応じて保存方法を変えるのがポイントです。

ワンコたちがいつでもおいしくフードが食べられるように簡単に保存できるグッズも一緒に紹介しています。

タイプ別ドッグフードの保存方法

ドライフードは涼しい所で密閉して

ドライフードの画像

ドライフードは賞味期限が開封後1か月です。

ドライフードは量が多いため、香りが飛びやすく酸化しやすいため、密閉できる容器に入れて涼しい場所で保存しましょう。

ジップロックやフード専用のストッカーを使って保存するのがおすすめです。

冷蔵庫での保存は× 冷蔵庫から取り出した後に結露が発生し、湿ってカビが生えやすいからです。

保存期間
開封後1か月以内
おすすめの保存方法
真空パックで小分けにする
冷蔵 冷凍
× ×

ウェットフードは2日以内に食べきって余ったら冷蔵庫へ

ウェットフードの画像

ウェットフードは水分量が多いため、賞味期限は約2日です。開けたら次の日中には使い切りましょう。

保存する場合は、別の容器に移して冷蔵庫に入れてください。

または小分けにして冷凍保存もできますが、基本的にはおすすめできません。なぜなら、フードの味や香りが変わってしまうからです。

保存期間
開封後2日以内
おすすめの保存方法
別の容器に移して冷蔵
冷蔵 冷凍

セミモイスト・ソフトドライフードは涼しい所で密閉

セミウェットフードの画像

セミモイスト・ソフトドライフードの賞味期限は開封後約1か月です。

ドライフードより水分量が多いため、なるべく早く使い切ってください。ただ、セミモイスト・ソフトドライフードは個包装になっていることが多いので、酸化はしにくいです。

保存期間
開封後1か月以内
おすすめの保存方法
別の容器に移して冷蔵
冷蔵 冷凍
×

ドッグフードの保存グッズ

ジップロック+脱酸素剤

ジップロックのドッグフードの画像

脱酸素剤の画像

ドライフードを簡単に保存するなら、ジップロックに数日分を分けて、脱酸素剤を入れましょう。

ジップロックや脱酸素剤はダイソーなどの100均で販売されています。

ただし、ジップロックや脱酸素剤を取り替える必要があるため、少々面倒くさいです。

 

フードストッカー

ドッグフード 保存容器

ドッグフードを保存するのに1番適しているのはフードストッカーです。

ドッグフードを保存するために作られているので、密閉性が高く新鮮な状態を長く保てます。

フードを保存する際はストッカーに袋ごと入れることをおすすめします。移し替えるとその分空気に触れる時間が長くなり酸化しやすくなるためです。また、袋ごとの方が衛生的です。

お米保存容器

こめびつ

意外と便利なのがお米の保存容器です。密閉性もあり、お米用なので量のあるフードも全部入ります。

フタ部分にメモリがあるものも多く、使い勝手も良好。お値段もフードストッカーに比べて安いものが多いです。

無印良品やホームセンターで販売されています。

 

更新日:

Copyright© もぐみる。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.